仕事

【寮完備】住み込みで快適に働く【綜合キャリアオプション】

就業エリアや自分に合う条件を考えながら就ける仕事って案外少ないです。

製造業なら、その自由がわりと利くんですよね。

製造業は、すべてに当てはまるわけではありませんが、ざっくり申しあげれば「工場ラインの軽作業」です。

ということで、製造業の仕事を見つけるのに最適な会社、綜合(そうごう)キャリアオプションの解説をしていきます。

今すぐに仕事を探したい!という人は下記からいい仕事を見つけましょう。

日本全国に寮完備『期間工・派遣のお仕事探し』

メリット

製造業は基本的に資格や経験は問わない場合が多く、綜合キャリアオプションについても例外ではありません

その点まず安心していただけたらと思います。

続いて、綜合キャリアオプションの求人において、独自の優れた点というのをまとめてみます。

ポイント

  • 大手メーカーの充実
  • 祝い金制度
  • 寮完備
  • 専任担当者のフォロー

大手メーカーの充実

派遣先である企業には、トヨタ・スズキ・日産・マツダ・スバルなどの大手メーカーがズラっと並んでいます。

企業が大手メーカーであるということは、安心材料が多いです。

例えば、設備。

工場にはいろいろな設備がありますが、それがボロボロであったりポカよけ(安全を守るための制御装置)が不十分であったりすると、作業をする私たちも不安ですしケガのリスクも高まります。

多くの人に認識されている有名メーカーの工場というのは、名前が知れているゆえにそういった部分での不備はありませんし、設備が汚かったり古かったりということは少ないです。

日々のメンテナンスや設備改善にも余念がなく、しっかりとした体制の中、作業に集中できる環境づくりができあがっています。

工場勤務というと以前は「きつい」「暗い」「クサイ」などのマイナスイメージも多かったですが。

現在は作業の効率化が叫ばれている時代、工事現場の肉体労働のごとく力を必要とする作業などないです。

環境にも配慮がなされている中、照明もコンビニ並みに明るいところが多いですし、ヘドロやオイルまみれの汚いクサイ職場などありません。

また、そこに働く人たちの人柄ですね。

私は15年以上も製造業に従事しています。下請け企業などはなにかこうトゲトゲしい雰囲気の職場や人が多いという感覚なのですが、大手メーカーにはそういうイメージはありません。

まあ、なんていうんですか、そこに働いてる私たちのような派遣社員のみなさんにあんまりヘタな態度とるとアレだしね、最近はコンプライアンスも細かいしで気を遣っていただいているだけなのかもしれませんが。

・・・というのが事実かどうかは分かりませんが、人柄がいい、優しい人が多いのは間違いないと思います。

祝い金制度

通常給与としてもらう額以外も充実しているのが綜合キャリアオプションの特色だと言えます。

条件は、あまり休まずに仕事にくるとか、契約満了までしっかり働くとか、出勤状況の良好さが関わるものが多いです。

というのも、製造業は他の公務員の仕事などと比べて出勤率が悪いので、その点をキッチリ守ってくれる人には恩恵が大きいのです。

製造業では、事前に休むと言ってからならいいのですが、突発(当日なんの告知もなし)で休む人がわりといます。

休みがちになって急にフェードアウトして断りもなく辞める人もたまにいます。

そもそも祝い金制度がある派遣会社って少ないです。それを活かさない手はありません。

そんなわけで、体が丈夫で根気がある人なら満たせる条件のこの制度、私はかなりお得だと思っています。

寮完備

関東近郊に出て働く場合など、勤務地から近い場所に住まいを用意してもらえるのは大きいです。

物件探しをイチから始めてすべて自分で済ませることの大変さと言ったら・・・。私はイヤです。

そういったわずらわしさなしで住まいを用意してもらえ、しかも敷金礼金なし

生活に必要な家具・家電常備で、場所によりますがWi-Fi完備・寮費0円なんていうところもあります。

こと収入に関して気にする場面が多いですが、出費という面で0円になるというのはそれ以上の価値があります。

専任担当者のフォロー

任された派遣先にいって仕事をするだけ・・・と言えば簡単ですが、人間関係や労働条件などの悩み事や困り事も出てくるのが人間。

綜合キャリアオプションとはあくまで労使関係。孤立無援の厳しい環境・・・。・・・ではないのが心強いのです。

不安があるとき、ゆきづまったときなどには、配置されたそのエリアの専任担当者に即連絡すれば相談に乗ってくれます。

派遣社員というとどうしても個人個人で独立したイメージがあるのですが、ここには管理者と作業者がワンチームで働くことができる環境があります。

製造業に向いている人

ここからは、こんな人が製造業に向いているというポイントを挙げて解説していきます。

ポイント

  • 単純作業が得意
  • 黙々と作業するのが得意
  • 人と接するのが苦手
  • 臨機応変が苦手

単純作業が得意

製造業では、当然ですが「モノ」を作ります。

人間が使用するモノは、どれも品質が均一でなくてはならず、且つ大量生産が必要となる場合が多いです。

そのため製造業での作業というのはある意味マニュアルにそった一律の作業の繰り返しであり、ここで重要になるのは単純なサイクルで作業を続けるだけの根気です。

プラモデルを作るときのなにかへの一点集中の心持ちがある人は、向いていると言っていいでしょう。

黙々と作業するのが得意

「仕事中はなにもしゃべらずに集中してやりたい」「話すのはあまり得意じゃない」という人は、製造業に向いていると言えます。

さきほど言いましたが、製造業はモノを作る仕事であり、対人の仕事とは性質が違います。

お客様に高品質の製品を提供するには、他者と話しながら作業をするということ自体が品質を落とす原因にもなりえます。

特に自動車メーカーなどは、製品の不備がそのままそれを扱う人の安全や命をおびやかすと考えると、私語は慎んだ環境が好ましいのです。

また、黙って仕事をすることに違和感がない人は適任です。

つまり、「そもそも普段からあんましゃべらんわ~」という人は向いています。

逆に言うと、しゃべり倒さないと生きている心地がしないとか、話すことが重要になる対人の接客業が好きな人には向いていないかもしれません。

人と接するのが苦手

逆説的な考え方かもしれませんが、人と接するのが苦手なタイプも向いていると言えます。

「しゃべりはあんまうまくないわ~」とか「間を持たせることに必死になってしまう」という人は、「話すこと」は製造業の作業には必要ないので、適任です。

とはいえ、上司への報告連絡時などは話す機会も出てくるでしょうし、休憩時間などは息抜きでおしゃべりしたい人もいるでしょうしね。

あくまで「作業中は話す必要がない」というだけで、「ひとことも話さずに終わる」ことは少ないと思うのでそこはご了承ください。

話すことが苦手だとしても、報告連絡する必要があるときは精一杯伝えましょう。

うまく伝える必要はないと思います。

臨機応変が苦手

接客業などですといろんなタイプのお客様がいて、いろんな状況があって、それに応じて対応を変えていかなければなりません。

「そうやって臨機応変にするの苦手だな」「マニュアルどおりが安心できる」という人は向いています。

さきほど申し上げたとおり、製造業はモノを作る仕事、対人の仕事ではありません。

相手がモノですので対応も一律でよく、決められた作業手順だけを着々とこなしていくのがいいのです。

むしろ製造業では、臨機応変にと勝手に手順を変えたりするとミスや抜けの元になり、品質に問題が生じる場合が出てきます。

臨機応変さよりも「どんな状況でも決まった手順どおりにこなせるか?」にかかっていると言ってもよく、マニュアルどおりにしか動けないのは製造業では武器になるのです。

求人は綜合キャリアオプション

自分のパーソナリティーが製造業に向いているなと思ったら、あとは綜合キャリアオプションの豊富な求人から応募するだけです。

ぶっちゃけ製造業の作業者としてアラ探しでもしてやろうと思っていましたが、目立ったアラは見つけられずじまい・・・。

現代の流れや作業者のニーズに合った職業を選べる綜合キャリアオプションの求人で、あなたにピッタリの仕事を見つけましょう!

最適な求人は下記から応募です。

日本全国に寮完備『期間工・派遣のお仕事探し』

-仕事
-,

© 2024 かむ的かむかむぶろぐ Powered by AFFINGER5